消費者金融審査の内容はどのようになっているのか

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますが

カードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性の利用者も増えています。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

まず業務内容についてですが債務者の個人データをパソコンに入力し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。