大手の消費者金融審査の借り入れって本当に期間の?

消費者金融は低金利

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融の返済の流れは

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも借りやすいと人気です。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

金融機関で高評価を得る要素は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。