消費者金融審査の2ch期間を徹底検証

消費者金融でお金を借りる

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンと消費者金融が提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのであながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融審査はクレジットカードと関係ある

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

金融機関で高評価を獲得している理由は低金利で審査が早いといった理由があげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるといずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが圧倒的に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。