消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたため、大口融資が不可能になってしまった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

アコムやプロミスなど消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがアコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融の借入れ条件やデータというものはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

お金を借りることができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

利益を獲得しています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中にはアコムやプロミスなど消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、まんざらアコムやプロミスなど消費者金融のほうが高金利とは言えません。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

お金を工面する方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額の制限があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融なら土日祝日でもOK?

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですがみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので手軽に借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどん借りる人も多いようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法なので総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年ほど前までは、簡単な手続きで貸し付けてもらうことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど手軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

参考:借りやすい消費者金融ランキング【条件別で選ぶ金融機関】

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、銀行と比較すると、消費者金融のキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較した場合、一般的にはアコムやプロミスなど消費者金融の金利の方が高いと言われています。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されているみずほ銀行や三菱UFJ銀行などの銀行カードローンもありますので

関連ページ