ショッピングリボ払いおまとめローンできる?審査は通るって本当?

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力に問題ないとみなされ、審査通過の可能性がでてきます。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを申し込んだけど審査に落ちたという人は通らない原因をつきとめることが先決です。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがありそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、おまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

参考:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠であれば利用することはできません。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと有利になり個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。