フラット35への借り換えで保証料はどうなる?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
この保険の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残金が0円になるという保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。
借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。
無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。
借り換えを検討する際はいろんな事も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合のメリットを事前に調べると良いと思います。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。