光回線の企業もあまり大きな違いがなくなりましたね

NTTの光ファイバーを利用したデータ通信回線であるフレッツ光は、一流企業のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も良質なサービスを用意しています。
NTTとは違う企業も料金などで対抗しており、大きな違いがなくなってきていますが、年配の方たちから見ればNTTが信頼できるという人が多数派だと思います。
同様にソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、途中で解約する際に、違約金を払わないといけないのか心配です。
これは、ワイモバイルとの契約時のプランによって変わるそうです。
契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円の解約金が発生します。
契約の際は、きちんと説明を聞いてにプランを選んだ方がよさそうです。
ワイモバイルに乗り換えるなら、現在の携帯料金に比べて相当下がると宣伝されているようです。
ですが、本当に安くなるとはわかりません。
そして、パケ放題のプランがなく、他社と同じように7GBまでの制限付き6千円程度かかりますので、お得感があまりないこともあります。