被災地支援ではレスキューネットの非常食が役にたった?

色々な団体、企業が東日本大震災の被災地支援を行っています。
発生直後から数か月の間で被災地支援の輪は、どんどん広がっていると言えます。
(笑顔)避難所生活から仮設住宅へと生活が変わることで、被災地支援の内容も変化していると言えます。
企業、団体の支援活動は、直ぐに打ち切られる訳ではありません。
しかし、被災者の真の復興に向けた支援に重点を置くことが大切とも言えます。
被災地支援の行方と、今後について考えてみました。
復興計画など大きな問題があります。
災害発生から義援金を集めている人達があります。
それを送っていた人も多いと思います。
これからは義援金を出すのではダメです。
商品を購入すれば、東北の経済が潤うと言うことにもなりますよね。
人が自分の生活を取り戻すには、働く場所がないと、いつまでたっても生活を取り戻せませんよね。
震災により工場、店舗を失った人は沢山いると思います。
その人達の仕事の場を与えるにも、商品を購入することが大切ですね。
これならあなたにも出来るのではないでしょうかね。
(笑顔)今でもこのボランティア活動は継続的に続けられています。
阪神淡路大震災の時は、復興まで10年と言われていました。
(汗)同じように東日本大震災では、もっと長い期間が必要とも言われています。
(汗)